ファッション.

30代から、服装には責任が生じる


てだれかが言ってたと、とても麗しい
じぶんに似合う服をわかっている友達
が教えてくれた。

そのフレーズからか 自然現象かなんなのか
服への関心が、以前よりはるかに高まっている。
強まっている。元々服は人並みに好きだったが、

なんでしょう。造形として、布をたるませたり
シワを手繰り寄せたり、ケミカルウォッシュな

染色だったり、一枚の布をあやつり無限に
広がるイメージは、美しくっておもしろい。

しかもそれ、人が着てはじめて成立するから。

キャンバスに描かれる世界も素敵だけど、
別々の物質が別方向から重なることで偶発的に
生まれる必然の美に、魅了されてる今日この頃。

しかも、体型とか皮膚の色とか目の位置とか
もっというと、その人のキャラクター雰囲気

それらも相成って、世にひとつしかない美が
創造されるの。そう、だから生身の身体に

纏う衣は自分の作品。象徴。代弁者、戦闘服
甲冑。なんてことない服でいいわけがない。


もっというと、なんてことない洋服着てても
際立つ存在感、美麗なんかがあるといいけど、

それはまた、別の話。(笑)

て、わけで。
そんな風に一丁前に語るのは、ファッション
雑誌の前だけ。不思議なもので、只読んでる
だけで、自分ちのクローゼットの中みたいな

感覚に陥る。モデルさんの顔が私に。もっと
いうと、私だったらここにモンドリアーンな
スカーフを首元に、たるませて幾何学同士を

同線上で闘わせる とかね。そう、
クローゼットにはサンローランや
まず洋服という概念の崩壊からはじまった
「血と薔薇」コム・デ・ギャルソンたちが

ひしめき合ってる、妄想。
みてるだけ。着てるのは頭のなかだけ。
週末にまとめて洗濯して、室内にまぬけに
干された実際の服は、テロッテロ。アホ面


やんなっちゃう。ブランドに踊らされてる
わけじゃなく、やっぱりいいものはいいよ
と、30歳になってようやくわかりかけてきた。

そう、外に着ていける服はほんの数着。
あとはマジで捨てたい。(笑) 年齢と
共に洋服は変わる。当然の原理。だから、

今から10年着られる洋服を長く愛することが
できる服だけを、押し入れに揃えていけたら

いいな。数少ない現役選手たちはなぜか大抵
決まってる・・・

黒 黒 白 黒 黒 赤 青 黒

黒 ばっか ( ゜o ゜) !!
kikimoranran.tada
cetegory : - ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年05月26日(火) 02:44 by kikimoranran [ Edit ]

a weepblue.

〇月×日

今朝、いつも使ってる鏡が割れた。

それでも、世界はこんなにすばらしい

と想える1日だった。


花園神社から新宿御苑、の周りを御神輿とぐるぐる
まるで街角で待ち合わせたかのような、遭遇率。
今日はお祭。御苑に着くより先にみつけた公園、
つぼみをつけはじめてた紫陽花。半被来た親子

を乗せる木馬、校庭の木にぶら下がったヨーヨーが
インスタレーションみたいな、こどもの発想。

それらを視界に入れながら、おしゃべりに夢中。
ぽろぽろこぼれる汗と一緒に漏れまくるじぶんという
愚かな人間を、やわらかく聞き入れなんでも受けとめ

許してくれる おおきな木がおおきな枝でふんわり
包んでくれる から、唸る大地の声も旋律にかわる。
こんなに解放してしまっていいのかな.  こころ。

12000歩の遊泳。あてもなく歩く、いやほんとに
泳ぐとはまさに。コーヒーショップに3回立寄る。
ここは湖、という内向的な時期もあったけれど、
空にひかる星よりも底に眠る青を、と歌う時も

あったけど、ふと、トイレに行かれてる合間に
空を見たりした。 新宿の、雑居ビルとビルの

狭間にひろがる空の青さに、涙が出そうになったり
したの。月並みだけど、こんなに美しく映るなんて

なんて幸福なのだろう。行く先を定めず泳ぎ続ける

ことができるなんて。同じ音楽を、創れるだなんて。


ありがとう。つばさん!(実名。w) ◆

kikimoranran.tada
 
cetegory : - ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年05月25日(月) 00:13 by kikimoranran [ Edit ]

少年のように.

fitting roooom.

薔薇と血

今夏シリーズを
switchの特集でみて
興奮して、お昼休み
つかって

きてみました。
創造の根幹はただひたすら
まだ存在しない新しいもの
を、みつけること。冒険記

のようですね、と
インタビュアーが言ったら
川久保玲さんには珍しく、
照れくさそうに笑ったって

書いてありました。
artじゃない.ビジネスだから.
と言い切る川久保さんが

当然のように、新しいものを
発信するから売れるっていう。

「みんな刺激を求めてます

 人間ですから。」

だって。30年以上、

戦い続けるひとのイメージを
着られるって、すごい。

いいものは高い
その文化も、守っていけたら。

流れた血のような
赤。冒険者の勲章
大輪の 薔薇■
 

cetegory : - ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年05月22日(金) 23:06 by kikimoranran [ Edit ]

ふしぎな血液


蝶々の針でお願いしたら、一発で成功する採血。
試験管3本分。ちょっと眩暈がする…  ような、
思い込み。目の下にクマ。今日も終電か否かの、
21時に吐く。今、甘ったるーい 優しい感触が、

体内を 駆け巡る。すべて、もう許せるような
思い込み?んー どちらでも。



kikimoranran.tada
cetegory : - ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年04月09日(木) 21:40 by kikimoranran [ Edit ]

愛があればいー ってわけではない のだ。

なんか、すごくどきどきするのだ。



インタビュー させていただいた。
大学生ぶりに、テープおこししてる。
10年前は、データが主流になる時代
なんかじゃなかったから、リアルカセットだったな。

急速に変化したんだな、時代。とかって無駄に考え
ながら、なんも進化してない、自分の読解力の無さ
とか気転のなさ、ボキャブラリーのなさ、テンポの
悪さに、悶えながら。。。取材ききなおしているよ。

こういうこと、ずっとしたかったんだよね。

いざなってみると、ワクワクとかしてる暇

ないよね。待ってるひとがいるし、学びの

場じゃなく、もう既に本番だしね。

てわけで、自分の無能さを割と痛感しながら
割とザクザク刺されながら笑、とにかく時間と
闘っている。


どきどきする。

念願のレコーディング 今続々とmixがあがって
きては、メンバー同士、そしてエンジニアさんとの
せめぎ合いが笑、繰り広げられている。

結構、衝撃だった。
凄く、じぶんの声が気持ち悪かった。(笑)

や、結構本気で。狙いはわかるんだけどまるで
なってなかったり。リズム隊がいいぶん余計に。

わ。こんな感じだったのかぁ

と、改めて外側からじぶんたちの音楽を見る事が
できて。とても貴重な経験となったのです。でも、


もちろん、このままで終わられるわけがないから、
せめぎ合っているのです。もちろん、鵞鳥が孔雀に
なれるわけないからさぁ。 そこは、やっぱり一人

じゃないからね。みんなで、意見をだしあって。


うん、 でも本当に改めて知った。そうかぁ、私の
光となるはずの魂の結晶。笑 磨かないと、これが
光となるわけないし。道を未来を誰かの心を灯すだ

なんて、あるわけないし。

おおきな一歩だと思うよ。

うん…


どきどきがとまらない。
kikimoranran.tada

 
cetegory : - ✤ comments(1) ✤ - ✤ -
2015年04月09日(木) 19:31 by kikimoranran [ Edit ]