<< 心地よさばかり、1日の寂しさを埋めることばかりを求め、毛布さえあれば生きていけるだなんて思っていない?勇気をだして剥ぎとってみれば、ちゃんと足が2本生えてる ✤ main ✤ weep.sheep. >>

マインド.

宗教団体に入信しなくたって、
ひとは簡単に信者になれる。

どんな信仰?
それはさぁ、なんでもあるよ好きな音楽
好きなスター、好きなスポーツ、好きな
ひと。

恋は盲目というけれど、
でも夢中になるのと溺れるのと
信仰するのは、微妙に違う気がする。

心酔する、というのか。。あれだね、同義語って
沢山在るんだな。崇拝、心酔、陶酔、けれど、

信仰するは、やっぱりどれとも違う気がする。
じゃあどんなものかっていうのは、
じぶんで考えてみるといい。だって十人十色

各々ちがう形をもってる。
ただ、そうなる理由はわかる。その原因とは
元々自分自身への自信の無さから生じる。

不足分を補うため、
その欠点を磨くんではなくって
じぶんに持ってない物の持ち主に近づくことで
理想の自分に近づける 錯覚に陥る。

そう、結局は楽をしたい甘えと
じぶん磨きたいって漠然と願う、自分大好き人間

鏡の世界でしか、生きていないのよ。
けれど、
そういう動機で誰かと居る人は沢山いるし
そういう人達で、世界は成り立っている。

間違ってないし、安易だとも思わないし
理屈並べて流儀を貫き孤独を選ぶことが

カッコいいとも別に思わない。 ただ、
ひとつ、もう一歩思慮深くなってもいいかも。

崇める対象が、
じゃあ何を信仰しているかってこと。

教祖だって、きっと何かの信者だよね。
神様なんていない。みんな誰かのコ
コンプレックスを抱えて、自身喪失に夜も眠れず
いつももがいている。心酔した、あの言葉の数々

どっかの聖書のテンプレートかもしれないよ。

そういう、理想を打ち破いたところカリスマの
舞台裏を覗き見てしまったところで、完璧だと

思っていたその者の人間らしさが垣間見えても
対等の立場となってまた、愛しいと思えるなら、

まぁ、ひとまず続行でいんじゃないですかね。
その恋  という名のマインドコントロール。

kikiomoranran.tada
 
cetegory : - ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年07月06日(月) 00:23 by kikimoranran [ Edit ]

COMMENT
SUBMIT COMMENT