<< あべこべ体操 ✤ main ✤ マインド. >>

心地よさばかり、1日の寂しさを埋めることばかりを求め、毛布さえあれば生きていけるだなんて思っていない?勇気をだして剥ぎとってみれば、ちゃんと足が2本生えてる

卑怯 なのはやっぱり嫌い


「人間らしくって愛らしいじゃない」

とかって昔は都合よく自分援護していたのだけど、
やっぱり、そういうコトは自分に跳ね返ってくる

と、月並みな方程式をバカみたいに実体験したのは
30歳過ぎてから。うわーーーー笑 って、いまなら

わりと笑える。てへへ。それはね、これまた月並み
周りのひとのおかげ。ちゃんと叱ってくれますし、
受け入れてくれるからさ、彼や彼女の匂いはそだな、

芽吹いたばかりの天然芝生に寝っころがった日曜日。

おてんとうさまの匂い。こんなわたしでも、日向に
憧れて安心を求めて陽だまりに包まれてねむりたい。

そういう人が笑ってくれたり時間つくってくれたり
連絡くれたりご飯作って待っててくれたりわたしの

音楽が好きだって、共に歩んだり写真でのこしたり
新しいものを楽しみに待っててくれたりするから、

じぶんのことをかろうじて憎まずにいられる。
みんな、そうでしょー!


だから、卑怯な臭いにはもう近づかぬように
してる。ドウゾクケンオ
いいところも沢山あるって知っているけど、
もうそっちの穴には落ちたくないんだ。

なにかのせいにするわけじゃないんだけど、
棟方志功の彫刻刀の如く烈風へ突入するよな

強靭じゃない。だから強いひとに憧れるそれは、

じぶんのこと以上に、他人を思いやれるひと。

北風と太陽
頑なな心をほぐし解放させてあげられるひと。

包まれてばかりの人間も、いつかはなりたい。
kikimoranran.tada


 
cetegory : - ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年06月19日(金) 00:19 by kikimoranran [ Edit ]

COMMENT
SUBMIT COMMENT