<< ファッション. ✤ main ✤ 朝昼晩 >>

今日はなんの日?

budamunk の新譜発売日.

なのよ~~~ん.←て語尾は「IWGP」のkingの真似。
最近ね、1日で一番自由を感じる、寝るまえの時間
布団に入りながら、最近一番好きなドラマを携帯で
見るってことが習慣化してます。すきな音楽を流し
ながら、気づいたら寝るって一番心地いいじゃない。

アレねあれ。
その中で、池袋ウエストゲートパークはすごく面白くて。
キャラ、台詞、テンポ、効果音(笑)、あとあの残酷性ね、

公共の電波であれだけの暴力描写や社会問題に挑むのは
(ネズミ購とかストーカーとか、わかりやすさも好き)
今じゃ考えられないけどやっぱり面白いし、

やっぱりクドカンさんの台本は、ちゃんとリアリティがあって
でもそれは多分、役者さんのキャラクターに沿ってかんがえて
いるからで、そこら辺は90年代の寵児といったら野島伸司との

差が歴然となった(気がする)。作家性重視か、役者重視か。
野島伸司好きだったからさー、でも見返すと結構ツッコミ所
満載だったし時代錯誤も否めず。クドカンのiwgpはギャルの

メイクとか古いけど(笑) あとは、全然違和感なかったよ。
服装も。そう、ここで言いたかったのは、あのストリート感は

カッコいいって話。音楽担当は実はKLEVAだったりして、
長瀬智也演じるまこっちゃんの実家の壁のグラフティとか
スプレーとか、ちゃんとストリートカルチャーふんだんに

盛り込んでいるよね。台詞にも。だから、今みても
ドキドキする。ワクワクする。よく言うじゃない?

長瀬智也も加藤あいも坂口憲二も、大物になった
妻夫木サトシも、私にはまこっちゃんでヒカルで

ドーベルマンでサルになっちゃう。永遠に。そう、

好きなドラマや映画って、そういう愛が生まれる。

一方で、
断トツ人気のKINGこと窪塚くんは、いつ何時でも
カメレオンな大好きな役者さんなので限定はしない。
ペコ「アイキャンフラ~~イ」


て、なぜかiwgp談義に花咲かしてしまいましたが、

今日はBUDAMUNKのcd発売日。
大好きな、HIPHOPのトラックメイカーというか
音楽家。ストリート の美しい詩人かもしれないけど

ストリート だけでは括りきれない、すばらしい音楽
いつなんどきでも、意識を1点に集中させてくれるし
必ず発見がある。シンプルなのにループなのにループ

じゃないし、とっても複雑な色が詰まってる。だから、
ストリートにこそ、美しい破片が散らばっているんだ

って教えてくれているような。
今日は何時になったとしても、タワレコ行く◆
kikimoranran.tada


 
cetegory : - ✤ comments(0) ✤ - ✤ -
2015年05月27日(水) 00:59 by kikimoranran [ Edit ]

COMMENT
SUBMIT COMMENT